今、消費者ニーズは一層多様化・複雑化し、経済のボーダレス化は急速に進んでいます。
それにともなって、流通も的確に対応していかなければなりません。そうした潮流に対して、
自の情報ネットワークを駆使し、より効率的な異業種流通システムを提案することで地域流通経済の活性化をめざしているのが横浜マーチャンダイジングセンター(MDC)です。
1976年の創立当時、社会のあらゆる構造は変革期を迎えようとしていました。そして、流通業界では改革力をもった「提案できる卸売業」の出現が渇望されていました。その要望に応えるべき誕生した卸売企業の異業種集団。それがMDCです。
その後、様々な流通企業の参加によって、現在では84社の共同体となっています。まるでフレキシブルに動ける巨大商社のようだと形容されます。創立以来、MDCでは日々変化する社会の動向を確実にとらえ、様々な提案・開発を行ってきました。例えば、目的ごとに異業種が共同で販売するシステムのコンサルティング&アドバイス。さらに、新業態のマリーナ事業、インポート事業、ベンチャー連携事業などの開発・支援・出資。いずれも、事業の新機軸として期待されています。
今後、卸売業は「流通機能の強化」と「製販間における新業態化」の二極化が進むといわれています。
MDCは、両面を高めることで顧客ニーズにそった業態変化に対応し、新たな連携を創造し続けてまいります。

 称  協同組合 横浜マーチャンダイジングセンター

所在地     横浜市金沢区幸浦二丁目26番地1号
           Tel:   045-784-1501
           Fax:   045-784-1504
           URL:   http://www.mdc.or.jp
           E-Mail: mdc@mdc.or.jp

出資金      588,340千円

組合員数   
 71社 (グループ総数84社)

年間売上高    3,100億円

従業員数    1,500名(団地内)

団地面積    138.815平方メートル(42,000坪)

共同事業(総合支援サービス)
      ■ 組合会館 
            
・飲食店(中華、和食、喫茶の専門店を営業)
            ・会議室(営業会議や研修会など幅広く活用)
            ・和室(茶道・華道教室などに利用)

      ■ コンビニエンスストア

      ■ 共同駐車場  
            ・立体駐車場(349台の収容能力を持つ大型駐車施設)
            ・平地駐車場(2ヶ所158台の駐車が可能)

      ■ 共同経済事業 
           ・企画開発事業
           ・目的別共同販売事業 ・新業態開発事業
             ・Web活用事業・金融事業 ・事務代行(保険、リース、不動産管理等)

沿 革        1976年11月 組合設立
          1980年9月  団地落成記念式典
          1986年11月 組合創立10周年記念式典
          1996年11月 組合創立20周年記念式典
          2006年11月 組合創立30周年記念式典

PC版ホームページはこちらから